『ジアミンアレルギー』とは

髪を染色する上で、広くヘアカラー剤に使用されているものが「酸化染料」と呼ばれる化学成分です。
その「酸化染料」が原因となって起こるアレルギー性接触皮膚炎のことを美容業界では『ジアミンアレルギー』と習慣的に呼んでいます。

『ジアミンアレルギー』における“ジアミン”とは何か?

“ジアミン”とは「酸化染料」と呼ばれている一群の染毛成分の中で、特にアレルギーを発症する頻度が高い「パラフェニレンジアミン」を“ジアミン”と略したことから始まった酸化染料の俗称です。
実は「パラフェニレンジアミン」以外にも化学名に“ジアミン”とつく酸化染料は多くあります。そのため単独で“ジアミン”と使われる時は、「パラフェニレンジアミン」のこと、名前に“ジアミン”とつく酸化染料のこと、又は酸化染料すべてのこと等、意味する範囲が漠然と使い分けられています。

“ ジアミン ” = 酸化染料?化学用語としての“ジアミン”は分子構造の中にアミノ基という反応性の高い部分が2つあるという意味でしかありません。したがって、必ずしも酸化染料のことを指すとは限りません。

ジアミンアレルギーとは

名前が示すように、酸化反応によって発色・染毛することのできる成分です。アレルギーの起こしやすさは酸化染料の中でも個々の成分によって異なります。

イラスト

ヘアカラー剤に使用される主な酸化染料
現在、アレルギー発症の報告例が特に多い酸化染料
<◦パラフェニレンジアミン
◦硫酸トルエン2,5-ジアミン
◦パラアミノフェノール>

◦オルトアミノフェノール
◦メタアミノフェノール
◦パラアミノオルトクレゾール
◦塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール
◦レゾルシン

“ジアミン”と名が付く直接染料
酸化反応により発色・染毛する「酸化染料」に対し、染料自体が色を持ち、染毛するものに「直接染料」があります。
その中に“ジアミン”の名を持つ直接染料があり、『ニトロパフェニレンジアミン』や『パラニトロオルトフェニレンジアミン』がそれにあたります。これらは「ニトロ染料」と呼ばれる分子構造の中にニトロ基を持つ染料で、左記に示した酸化染料
とは異なり、「ジアミンアレルギー」を起こすものではありません。

アレルギーとは

「免疫反応に基づく生体に対する全身的または局所的な障害」と定義され、体を守っている免疫システムの異常な過敏反応が原因の疾患と考えられています。
「ジアミンアレルギー」の様な主に皮膚に障害のおこるものは「アレルギー性接触皮膚炎」と言われ、よく使われるアレルギー反応の分類では遅延型アレルギー反応という発症に時間を要するものに属しています。

 アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎は、誰にでも起こるのではなく、ある特定の人にだけ起こります。皮膚や体に合わないものと判断する体の仕組み(抗原/アレルゲンの記憶)をもっている人に起こることがあります。抗原となるものに接触してから24~72時間で腫れや紅斑などの皮膚症状が最大になります。

〜対処法〜
施術前のパッチテストの実施で異常があれば
施術を見合わせましょう。

かぶれが発生したら・・・

  • すぐに皮膚科専門医で診断を受けてもらいましょう。
  • 薬剤へのアレルギーが原因の場合は成分表を医師に示すこと も必要になります。
  • 特定の成分がアレルギーの原因と判明したら以後その成分を含む薬剤の使用とパッチテストを避けましょう。
  • かぶれを起こした人は他の成分にもアレルギーを起こす可能性が高いので、以後は施術前のパッチテストを必ず行い、問題のないことを確認しましょう。

パッチテストの方法

刺激性接触皮膚炎

一次刺激性接触皮膚炎ともいいますが、アレルギーを原因としない「かぶれ」のことです。
刺激をおこす化学物質が濃い濃度で皮膚に付くと、誰にでも症状が出ます。その原因は、化学物質が皮膚の細胞膜に障害を与えたり、代謝に障害を与えたりして皮膚を傷めてしまうからです。
薬剤と接触後、あまり時間を置かずに皮膚に刺激や傷みを感じたり紅斑が現れたりした場合は刺激性接触皮膚炎の可能性があります。

〜対処法〜
施術前に頭皮を洗いすぎない様にし、さらに刺激が予想される薬剤と皮膚との接触を可能な限り避けることで予防が可能です。プロテクトクリーム等で直接の接触を防ぐのも有効でしょう。

刺激・かぶれが発生したら・・・

  • すぐに薬剤を洗い流しましょう。
  • 刺激・紅斑が治まらないときは皮膚科専門医で診察を受けてもらいましょう。

ヘアカラーリングを長く楽しむために

ヘアカラーによるアレルギーを防ぐため、以下の点に気をつけましょう。

  • 体調の悪いとき、荒れていたり傷がある等頭皮の状態の良くない時は施術を見合わせましょう。
  • アレルゲン(抗原となる物質)は皮膚から浸入するので薬剤との接触を極力避けて施術しましょう。素手で薬剤に触るのもリスクがあるので注意しましょう。
  • 今まで何でもなかった人がある日突然に発症するのがアレルギーの特徴です。
    施術前のパッチテストでアレルギーになっていないことを必ず確認しましょう。
  • 一度ヘアカラーでアレルギーを起こしたら、その時に使用したタイプのヘアカラーリング剤は絶対に使用しないでください。
    また他のタイプのヘアカラーにも敏感になっているのでパッチテストはより重要になります。

パッチテストの方法

参考文献:厚生労働省ホームページ「リウマチ・アレルギー情報」より

PAGE TOP