「SHINBIYO」8月号記載の「香草カラー」製品説明に関する
誤りのお知らせ

2017/07/07プレスリリース

ランドプランニングアソシエーツ広報です。

この度、「SHINBIYO」2017年8月号(新美容出版株式会社 発行)において弊社ヘアカラーリング剤
「香草カラー」(医薬部外品)の製品説明に一部誤りがありました。ここで訂正させていただきます。

【新美容出版株式会社 公式HP「shinbiyo.com」より転用】
SHINBIYO2017年8月号の16ページ「“頭皮ケア”に力を入れるサロンの取り組み実例集」内の、
「頭皮に負担の少ないノンアルカリカラーの活用」の記事において、
「香草カラー」の説明に下記の通り誤りがありました。

【誤】本文3行目~6行目
ノンアルカリカラーでその効果を実感できたのが、水溶きタイプの香草カラーでした。
特徴としてはノンアルカリでジアミンを含まないものが多く、
色味もオレンジやイエロー、グリーンなど必要なバリエーションが揃っていて、

【正】
香草カラーは「水溶きタイプ」と「オキシ溶きタイプ」の2種類ありますが、
いずれも酸化染料を使用しています。オレンジやグリーン、ブルーは
かぶれやアレルギーを起こす可能性のある染料(ジアミン系染料など)を配合しています。
なお、イエローに関してはニトロ基の染料を使用しているため、
かぶれの元となるジアミン系の染料とは異なります。

【誤】本文右段3行目~5行目
ただし、ブラウン系の剤には多少酸化染料が含まれているため、
完全にノンジアミンで施術したい場合には、オレンジとグリーンにさらにブルーを加えて~

【正】
オレンジ、グリーン、ブルーに関しては上述の通りです。
また、酸化染料は配合量の多少に関わらず、かぶれやアレルギーを起こす可能性があります。

「SHINBIYO」2017年8月号訂正に関してのお知らせ

















▼SHINBIYO公式HP
http://www.shinbiyo.com/magazine/shinbiyo/2017_08/owabi.html


酸化染毛剤においてジアミン系染料の問題は切り離すことの出来ない事項です。
「香草カラー」を含む酸化染毛剤をご使用いただくサロンさまにおかれましては
その製品の特徴をご理解いただき、正しく使用されることを強く望みます。

【お問い合わせ先】
ランドプランニングアソシエーツ業務部
03-5929-3557